帆船愛好家の皆さまへ

スター・クリッパーズ創業者・社長 マイケル・クラフトからのメッセージ

子供の頃の夢を見続けて


幸運にも私は1991年に最初の大型帆船”スター・フライヤー号”を進水させることができました。
この船は、19世紀に建造されていたクラシックな帆船への賛辞であり、また、人々の思いを大航海時代へタイムスリップさせることでしょう。すべての人にとって身近であり、近代的な設備と快適性を備えた帆船を建造するという私の子供時代の夢は、ついに叶ったのです。

私はまだ夢見ています。船主として、子供の心を持つものとして、最新で最も壮大なプロジェクトー「フライング・クリッパー号」をデビューさせることは、この上ない幸せであり、また感謝に堪えません。


世界最大の横帆艤装帆船


多くの皆さんがご存知のことと思いますが、現在、我々はスター・クリッパーズのフリートに加わる「フライング・クリッパー号」を建造中で、そのことで大変喜んでいます。2017年末に処女航海を果たすと、フライング・クリッパー号はスター・クリッパーズ社にとって4隻目の帆船になるばかりでなく、史上最大の横帆艤装帆船にもなるのです。総トン数8770トン、32枚の帆を掲げる乗客定員300人のフライング・クリッパー号は、1911年フランス ジロンド社ボルドー造船所に発注された当時世界最大の横帆艤装船、フランスⅡ号をモデルに設計されました。

東南アジアクルーズの再開とインドネシアクルーズ

スター・クリッパーズは2016年12月、盛大なファンファーレと共に東南アジアに戻り、2018年4月まで、寄港地にマレーシアを含むプーケット発着7泊セイリングをお楽しみいただきます。その間の2017年夏は、スター・クリッパーズ社初のインドネシアでのクルーズを展開いたします。インドネシアクルーズはバリ発着7泊、10泊、11泊の素晴らしいアイテナリをお楽しみいただけますが、数あるハイライトの中の一例として、ロンボク、コモド、ジャワなどのエキゾチックな島々が挙げられます

永遠の地中海

たとえ今回が初めてでも10回目の地中海旅行でも、地中海セイリングには無限の可能性があります。いつも新しく寄港する港や町があり、そこでの探検をお楽しみいただけます。クロアチアの古代城壁都市、トルコ南部の人里離れた波止場、イタリアの豊かな文化、ギリシャの古代史など、スター・クリッパーズの地中海セイリングの人気は、不動のものであることは明らかです。2017年の地中海セイリングでもスター・クリッパーズはギリシャの小さな島々や、私のホームタウンであるモナコ、華やかなフレンチリヴィエラ、セイリングにうってつけのアドリア海やバレアリック諸島を巡ります。

スター・クリッパーズの帆船をあなたの女神に

私たちの帆船に乗船し、ときめきと驚きを感じてください。スモールシップでの旅は、まるでプライベートヨットに乗っているような気分になります。帆上げを手伝ったり、ロープの結び方を習ったり、ゲストの訪問をいつでも歓迎するブリッジ(操舵室)を訪れたり、舳先のネットの上に横たわりイルカを探したり、クローズネスト(見晴台)までマストを登り、パノラマのような美しい景色を楽しんだり… 最大限、風力で運航することで、我々が環境的な責任を果たしていることを知っていただけることでしょう。

初めてご乗船いただく皆さまへ

私たちスター・クリッパーズファミリーにようこそ。皆さまのセイリング体験が、私自身が楽しんできたのと同じように、楽しいものでありますように。私にとっては新たな発見や魅力的なディスティネーションでの探検が待つ本格帆船の他に素晴らしい船旅はありません。混雑とはまったく無縁で、やさしい海風に包まれてゆったりと静かにすごすことができるのです。

すべての乗客の皆さまへ

ロイヤル・クリッパー号、スター・クリッパー号、スター・フライヤー号、あるいはフライング・クリッパー号の船上でお会いすることを楽しみにしています。それまで、皆さんの毎日が順風満帆でありますように。

楽しいセイリングを

マイケル クラフト
創業者/社長

(2016/11-2018/3 パンフレットより)


  • 日本人コーディネータ乗船クルーズ
  • 添乗員同行パッケージツアー
  • 2019年4月〜2020年4月のスケジュール